忍者ブログ   
admin
  二次創作の文を置いてます。 大したこと無いモノしかありません。 読後の苦情はご勘弁を。
                       
   
まだ終わってない話がいくつかありますが
ちょっと幼馴染な風爽が書きたくなってですね
始めてしまいましたー。

よろしかったらお付き合い下さいませ。

一話目、幼稚園児の爽子ちゃん視点のため
オールひらがなとなってまして
ちょっと読みづらいかも知れませんがご容赦下さい。

二話目からは普通の書き方になる予定です。



   

   


1 すなばのやくそく

わたしのなまえはくろぬまさわこ。
ようちえんのねんちょうさんです。

わたしがまだねんちゅうさんのころのこと。

かえりのようちえんばすがでるのをまって
おなじばすにのるしょうたくんと
すなばであそんでいました。

しょうたくんとはおうちがとてもちかくて
ばすのていりゅうじょもおなじです。
ようちえんがおわっておうちにかえってからも
よくいっしょにあそんでいました。

「さ、さわこちゃん!」と
いっしょにすなやまをつくっていたてをとめて
しょうたくんがわたしによびかました。

「なあに、しょうたくん?」とへんじをしても
しょうたくんはじっとすなやまをみたまま
わたしのほうをみてくれません。どうしたのかなあ?

すこしまってみたけれど、やっぱりこっちをみてくれません。
「どうしたの、しょうたくん?」ときいてみたら
いきおいよくかおをあげてやっとこっちをみてくれました。

あれ?しょうたくんおねつがあるのかな?
いつもよりおかおがあかいみたい・・・とおもっていると
「さっ、さわこちゃん・・・あのさ・・・」
としょうたくんがやっとおはなしをはじめてくれたけど
だいじょうぶなのかな?ちょっとしんぱいです。

「も、もしかしてしょうたくんかぜひいてるの?
 おねつあるのかなあ、おかおがあかいよ。
 だいじょうぶ?せんせいよんでこようか?」

「え?いや、ちがうよ、だいじょうぶだから。
 そうじゃなくて、おれ・・・
 さわこちゃんにいいたいことがあるんだ!」

「え?」

「さわこちゃんがおおきくなったら・・・
 あ、そのときはおれもおおきくなってるはずだけど・・・
 だからね、おれたちがおおきくなったら
 ・・・さわこちゃん、お、おれの・・・
 およめさんになってくれる?」

「・・・え?・・・およめさん?」

「う、うん!そう!」

「それは・・・おとうさんとおかあさんみたいに
 わたしとしょうたくんがいっしょのおうちにすむの?」

「うん!そう!」

ようちえんがおわってから
いっしょにたのしくあそんでいても
ばんごはんのじかんになったら
それぞれのおうちにかえって
ばんごはんをたべなければいけないけれど
いっしょにすんでいたら
ずっといっしょにいられるんだなあ・・・

「・・・す、すてきだね!!」

「ほんとに?!」

「うん!わたし、おおきくなったらしょうたくんのおよめさんになる!」

「ありがとう!やくそくだよ!!」

「うん!おやくそく!!」

こうしてわたしとしょうたくんは
『すなばのやくそく』をしたのです。

いまとなっては、あのときはしあわせだったなっておもうの。

だって、
ねんちょうさんになって
しょうたくんに『もてき』がきてしまったんだもの。

ねんちょうさんになるとわたしとしょうたくんは
べつべつのくみになってしまって
あたらしくしょうたくんとおなじくみになったこは
おとこのこもおんなのこも
みんなしょうたくんがだいすきで
みんなしょうたくんとあそびたくて
だからようちえんばすだけでも
いっしょにいられるわたしは
ちょっとえんりょするようになった。
しょうたくんはおとこのこだからすなやまをつくるより
かけまわってあそぶほうがたのしそうだったもの。

拍手[10回]

PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
        
           
  
カウンター
サイトマップ
ブクログ本棚
にほんブログ村
プロフィール
HN:
かのまま
HP:
性別:
女性
AdMax
ブログラム
ぽちっとよろしくおねがいします。
ブログランキングならblogram
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) TEXT 君に届け ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++