忍者ブログ
二次創作の文を置いてます。 大したこと無いモノしかありません。 読後の苦情はご勘弁を。
Admin / Write / Res
<< 09   2017/10   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     11 >>
[208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198
14をUPしたのが3月!
京アニショップに行った時か~。

あ、なんか京アニショップ移転したっぽいですね。
前は京阪木幡駅の近くだったんだけど
JR木幡駅の近く、つまり京アニ本社の近くに移転したっぽい。
前より広くなったんかなあ?
また新しいとこにも行ってみたいなあ。
そういえば来年、京アニがやる
「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」に
浪川さんも参加されるみたいですよね。

なんか関係ない話でしたね。

ところで、
君に届けの3期はもちろんやってほしいです!
そして、月刊少女野崎くんの2期もやってほしいなあー!!

では爽子じゃなきゃダメみたい15
よろしかったらおひとつ・・・






15 イケメンの告白を考える

夏休みが始まって私と千代ちゃんと風早くんは
毎日野崎くんの家に朝から集まっている。

野崎くんのお手伝いをするようになって
風早くんも一緒にお手伝いしてくれることになって
普通にしてたらひと月以上も会えなくなる夏休みに
こうして毎日長い時間一緒に居られるのが嬉しい。
しかも私が作ったご飯を風早くんに食べてもらえて
「おいしい」って言ってもらえて
なんかもうとんでもなく幸せだと思う。
これ以上何かを望んだら罰が当たるんじゃないかな・・・。

「あ~、わからん!!」と野崎くんが叫んだ。

「風早、ちょっと意見がほしいんだが。」と風早くんを呼んだ。

「実は今回、鈴木がついにマミコに告白をするんだが・・・」

「え?そうなんだ!それは大事なシーンだよね!」と風早くん。

「それで・・・モテるイケメンはどういう告白をするものだろうか?
 イケメンでもなければ告白もしたこと無いからわからんのだが・・・。」
と野崎くんがすがるような目で風早くんを見る。

「え?や!いやいや、俺だって告白なんかしたこと無いし!!」

「やだなー、野崎くん。風早くんは告白される側だから
 告白のセリフなんて考える必要ないんだよ~。」と
千代ちゃんが割って入る。

「ああ・・・なるほどそうか・・・。盲点だった、まいったなー・・・。」
と野崎くんのほとほと困り果ててる様子に
風早くんはなんとか役に立とうと一緒に悩んでいるみたい。
ほんとに風早くんはいい人だなあ。

「う~ん・・・モテるとかイケメンだとかはわかんないけど、
 俺ならストレートに好きだって言うと思うけどな。」

風早くんの言葉を聞いて、
この人にに好きだと言って貰える人ってどんな人なんだろうと思いながら
何気なく風早くんの方を見たら偶然バチッと目が合ってビックリした。

「そーだよねえ、分かりやすくストレートに言うのが一番だよね!!
 間違ってもファンだとか言っちゃダメだよ!!」

「そ、そんな言い間違いすんの、佐倉くらいだよ!!」

「あー・・・やっぱりそうかなー・・・。」

そうだね・・・。それは私もそう思うよ、千代ちゃん・・・。

「・・・えーと・・・、何の話だ?」と野崎くん。


野崎くんって・・・ホント・・・・。

拍手[6回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
カウンター
ガンガンONLINE
プロフィール
HN:
かのまま
HP:
性別:
女性
にほんブログ村
ブクログ本棚
AdMax
ブログラム
ぽちっとよろしくおねがいします。
ブログランキングならblogram
忍者アクセスランキング
Copyright ©  TEXT 君に届け All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]