忍者ブログ
二次創作の文を置いてます。 大したこと無いモノしかありません。 読後の苦情はご勘弁を。
Admin / Write / Res
<< 08   2017/09   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     10 >>
[157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147
風早先生、ちょっと鬱陶しいです。
すいません、全然爽やか君じゃないです。
ごめんなさいね!
貴女の中の風早くんじゃないと思ったら
閉じてお帰りくださいね~。







12 鬱鬱


「なんか最近楽しそうね、お兄ちゃん。」
と母ちゃんに言われた。

「えっ!?ああ、朝にマルの散歩行くの、清々しくてなかなかいいんだよ。」

「そう?じゃあ、ずっと朝に散歩する?」

「えっ!?いや、夏季限定で!!寒くなったら無理だよ、うん!」

そうだよな、俺が拾ってきた犬だから俺がずっと散歩させるべきか・・・
でも流石に北海道の冬の朝に犬の散歩は辛い。
学校に遅れないように起きるので精一杯だし!
きっとマルだって寒い朝の散歩は願い下げだろう、もう爺さんだし。

だけど俺、傍目にもそんなに楽しそうなのかな?
そんなわかりやすい!?
結局あの後毎日、朝にマルの散歩に行き、
黒沼と会って2、30分くらいマルと遊んでるのを眺める。

黒沼は凄く楽しそうだけど、それは俺のせいじゃないし。
犬好きな黒沼はマルと遊べるから楽しいんだ。
大丈夫、勘違いはしてない。

距離をおいて頭冷やそうなんて、
無理なことを考えるのはよそう。
三年間しっかり黒沼を見守ろう。
黒沼に好きなやつ出来るかもとか、
そんな先のこと考えたって仕方ないし。

もともと10歳も年上の俺がいくら好きでも
きっとしかたのないことなんだから。
でも俺、黒沼以外の娘を好きになれる気が全然しない。

こりゃあ、俺、一生独身かなあ。


そんな結論に達したところで長かった夏休みも終わりを迎えた。


二学期に入って、黒沼は前から友達になりたいと言っていた
吉田と矢野となんかいろいろあって友達になれたようだ。
一学期だって普通に友達には見えてたんだけど
今は、友達って言うより、親友って言ったほうがいいかもしれない。
吉田は龍の幼馴染でかなり前から知っている。
サバサバした性格で、裏表のないいいやつだと思う。
矢野は良くは知らないが、黒沼を友達として
本当に好きなんだって言うのは見てても分かる。
あの三人の関係はかなり特別って感じだ。
正直羨ましいくらいに。
ここのところ凄く嬉しそうで、三人で下校することも多い。

俺も一学期ほど雑用に追われても居ないし
黒沼に放課後手伝ってもらうこともめっきり減った。

うん・・・まあ、これが普通だよな。
クラス委員長と担任(あー、副担任だけど)って。
そう、俺が一学期に黒沼に甘え過ぎてただけだ。

普通に一生徒と教師の関係が一番望ましいんだって
俺が信条としてたことだよな。
俺の気持ちだけが普通じゃないだけ。

内面はこんな鬱々してっけど、
外目には割と生徒に人気のある方な
まだまだ青い体育教師に見えてるだろう。
なんか知んないけど相変わらず
「爽やか」とか言われてるみたいだし。
ホント、「爽やか」ってなんなんだよ?

それになんかコンスタントに女生徒に
告白みたいなことをされ続けてる。
あれだけ噂になったのになんであの後何人も
そんなことするのか不思議でしょうがない。
こんな俺のどこがいいんだか・・・

こんなふうに気を紛らすために
昼休みに生徒に混じってサッカーとかしてるのが
なんかよく見えてるのかな―・・・
俺は楽しいからやってるだけだけど・・・
女生徒の気持ちはイマイチ良くわからない。

昼休みが終わって、5時間目に授業がない俺が
体育教官室に戻ろうと廊下を歩いてたら
前から胡桃沢が歩いてきた。

「あ、風早!一年担任会、今日7時からだから
 忘れず必ず来てね!」

「あ、忘れてた!今日だっけ!
 大丈夫、もう忘れないから。7時からね、OK!」

「やっぱり。なんか風早多忙そうで忘れてるんじゃないかと思ってたよ。
 絶対風早には当日確認の声掛けしようと思ってたんだ。」

「サンキューな。助かった!」

一年担任会って言っても別に勉強会とかじゃなく、
ただの有志の飲み会だ。
たまたま一年の担任副担任はノリが良くて
月一で催されてほぼ全員参加だ。
だいたい情報交換とか関係ない馬鹿話とかしてる。
メンバー的に『一年担任会』と呼んでるだけで、
そんな真面目な会じゃない。

胡桃沢は現国の教師だ。
教え方が上手いらしく結構生徒に人気がある。
俺と同期だからまだ若いし、見た目もいいから
まず男子生徒に人気がある。
それに人当たりもいいし優しいから
結構女子にも人気があるようだ。
隣の1-Eの副担任をしてて、
話しやすい良い同僚だ。
胡桃沢の方は授業があるみたいで
「じゃあね。」と手を振ると教室へ歩いて行った。

なんかあんまり飲み会に参加したい気分じゃないんだけど
どっちみち俺が忘れててもピンに引っ張っていかれちゃうんだよな。

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
カウンター
ガンガンONLINE
プロフィール
HN:
かのまま
HP:
性別:
女性
にほんブログ村
ブクログ本棚
AdMax
ブログラム
ぽちっとよろしくおねがいします。
ブログランキングならblogram
忍者アクセスランキング
Copyright ©  TEXT 君に届け All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]