忍者ブログ
二次創作の文を置いてます。 大したこと無いモノしかありません。 読後の苦情はご勘弁を。
Admin / Write / Res
<< 02   2017/03   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     04 >>
[10]  [9]  [7]  [6]  [5]  [4] 
5巻の名場面、
「風早にお礼したい時は、掴んで5秒目をつぶれ。」の時に、
キスしちゃってたらと言う、もしも話。



『こんなのがお礼になるのかな?』
そう思いながら、心の中で1・2・3・4・5・・・と数える。

『もういいかな?
 早くなかったかな?
 もう目を開けていいかな?
 ほんとにお礼になったかな?』
と思ってたら、ふっと顔の前に仄かな熱を感じて
唇にもっと熱くて柔らかなものを感じた。

『えっ?』と、思わず目を開けると
目の前に目を閉じた人の顔・・・風早くん・・・?
驚いて顔を引いた。
「か、風早くん・・・」と、つぶやくと
目の前の顔の閉じられた目がゆっくりと開く。

そ、そうよね、今、私と風早くんしか居なかったんだもの。
さっき唇に感じたのは、風早くん・・・の・・・

「あ、あ、あ、あ、あ・・・・・」と、声が漏れて、
体中の血が顔面に駆け上ってくるような感じがする。

目の前の風早くんは、暫くぼうっとしていたけれど、
目が合うとたぶん私と同じくらい顔を赤くした。
口元を右手の甲で隠すようにして叫ぶように言った。

「ご、ご、ご、ご、ごめん!!くっ、黒沼!!」

「えええ・・・えっと、あの、も、も、も、もしかしたら、その・・・」

「は、初めてだったよね、きっと!
 あ、それは、俺もだけど・・・。
 いや、あの・・・こ、こんなつもりじゃなかったんだ!!」

さっき駆け上がった血液が、
ざああっと音を立てて全身を駆け下りた気がした。
そうだよね。
風早くんがこんな事、するつもりでするわけ無いんだ、私に。
私のお礼、失敗しちゃったんだ・・・。

「謝って済むことじゃないと思うけど・・・
 黒沼が、あ、あんまり・・・」

「ご、ごめんなさい!!」
一言謝るので精一杯で、私は夢中で走って家に帰り着いた。


拍手[6回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
カウンター
ガンガンONLINE
プロフィール
HN:
かのまま
HP:
性別:
女性
にほんブログ村
ブクログ本棚
AdMax
ブログラム
ぽちっとよろしくおねがいします。
ブログランキングならblogram
忍者アクセスランキング
Copyright ©  TEXT 君に届け All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]