忍者ブログ   
admin
  二次創作の文を置いてます。 大したこと無いモノしかありません。 読後の苦情はご勘弁を。
                       
   
5巻の名場面、
「風早にお礼したい時は、掴んで5秒目をつぶれ。」の時に、
キスしちゃってたらと言う、もしも話。


   

   
『こんなのがお礼になるのかな?』
そう思いながら、心の中で1・2・3・4・5・・・と数える。

『もういいかな?
 早くなかったかな?
 もう目を開けていいかな?
 ほんとにお礼になったかな?』
と思ってたら、ふっと顔の前に仄かな熱を感じて
唇にもっと熱くて柔らかなものを感じた。

『えっ?』と、思わず目を開けると
目の前に目を閉じた人の顔・・・風早くん・・・?
驚いて顔を引いた。
「か、風早くん・・・」と、つぶやくと
目の前の顔の閉じられた目がゆっくりと開く。

そ、そうよね、今、私と風早くんしか居なかったんだもの。
さっき唇に感じたのは、風早くん・・・の・・・

「あ、あ、あ、あ、あ・・・・・」と、声が漏れて、
体中の血が顔面に駆け上ってくるような感じがする。

目の前の風早くんは、暫くぼうっとしていたけれど、
目が合うとたぶん私と同じくらい顔を赤くした。
口元を右手の甲で隠すようにして叫ぶように言った。

「ご、ご、ご、ご、ごめん!!くっ、黒沼!!」

「えええ・・・えっと、あの、も、も、も、もしかしたら、その・・・」

「は、初めてだったよね、きっと!
 あ、それは、俺もだけど・・・。
 いや、あの・・・こ、こんなつもりじゃなかったんだ!!」

さっき駆け上がった血液が、
ざああっと音を立てて全身を駆け下りた気がした。
そうだよね。
風早くんがこんな事、するつもりでするわけ無いんだ、私に。
私のお礼、失敗しちゃったんだ・・・。

「謝って済むことじゃないと思うけど・・・
 黒沼が、あ、あんまり・・・」

「ご、ごめんなさい!!」
一言謝るので精一杯で、私は夢中で走って家に帰り着いた。


拍手[7回]

PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
        
           
  
カウンター
サイトマップ
ブクログ本棚
にほんブログ村
プロフィール
HN:
かのまま
HP:
性別:
女性
AdMax
ブログラム
ぽちっとよろしくおねがいします。
ブログランキングならblogram
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) TEXT 君に届け ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++