忍者ブログ   
admin
  二次創作の文を置いてます。 大したこと無いモノしかありません。 読後の苦情はご勘弁を。
                       
   
ここに来てやっと終わりに向かっていこうかなっと・・・
今まで何処に向かっていたんだい・・・

風早君視点にするとなんかダラダラ長くなってしまって
ちょっと一旦ここらへんで切っておこうと思ったので
いつも以上に短めです。


   

   

14 風早視点

夏目さんにはびっくりしたけど
いい機会を貰ったと思ってちゃんと黒沼に伝えよう。

俺、わりと分かりやすかったらしいから、
黒沼も俺の気持ち少しは気づいてるのかと思ってたけど、
そんなことはなかったみたいだな。

いいんだけどね、ちゃんと俺が俺の言葉で伝えるから。

クラスメイトには中途半端に伝わってるかもしれないけど
本人にまだ伝えてないからしかたがない。
黒沼に返事をもらってから皆には報告しよう。
いい返事をもらえなかったらちょっと辛いことになるけど。

黒沼に『放課後、屋上への階段のところで待っててほしい』と伝えた。
さすがに何の話かはわかってると思うけど、
「分かりました。」と生真面目な返事をもらった時の様子が、
なんだかオドオドとしてて、ちょっとうつむき加減で、
あんまり歓迎されてない感じがして・・・
もしかすると迷惑だったのかもって思うと
奮い立たせた勇気がしぼみかけてしまう。

俺ってこんなに意気地のないやつだったんだなあ。
それだけ黒沼のことが本当に好きで、
伝えて終わってしまうかもしれないけどでも伝えたくて、
だけどどうしても終わらせたくなくて。

どんなに考えたって、もう俺の気持ちは決まってる。
そして黒沼の気持ちも黒沼の中で決まってるだろう。
当たって砕けろだ、砕けたくはないけども。


拍手[4回]

PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
        
           
  
カウンター
サイトマップ
ブクログ本棚
にほんブログ村
プロフィール
HN:
かのまま
HP:
性別:
女性
AdMax
ブログラム
ぽちっとよろしくおねがいします。
ブログランキングならblogram
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) TEXT 君に届け ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++