忍者ブログ
二次創作の文を置いてます。 大したこと無いモノしかありません。 読後の苦情はご勘弁を。
Admin / Write / Res
<< 02   2017/03   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     04 >>
[102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [92]  [91
爽子ちゃん登場です!






2 座敷童子の黒沼の極上の笑顔に魅了されてしまう俺って変?


着いた先は2階建ての10ほどドアが並ぶアパート然とした建物だった。
ドアに『1』のプレートが付いた部屋を尋ねると、
「おう、待ってたぜ。」と、軽く見上げるくらい大柄な人が出て来た。

「あ、どうも、荒井さん。
 風早さん、こちら家主の荒井さんです。
 荒井さん、こちらが部屋を見たいとおっしゃる風早さんです。」
と、担当の人が家主さんに俺を紹介してくれた。

「よろしくお願いします。風早です」

「話は聞いてきたんだろうな?あの部屋には座敷童子が憑いてるんだが・・・」

「はい・・・。あのー・・・荒井さんはその座敷童子に会ったことあるんですか?」

「おう、あいつはちょっと見た目が暗いけどな、いいやつだぞ。
 あいつのお陰でここに住んでる奴らは結構羽振りがいいんだ。
 座敷童子ってのは、なんか憑いてる家を栄えさせるとか言うしな。
 ただ、どうしても5号室に居たいらしいし、寂しがり屋なんだよな。
 だから部屋代を安くして、入居者を募集してるんだ。
 なかなか怖がって長続きする奴が居なくてなあ・・・
 できたら仲良くしてやってくれよ。
 なんなら早速会っていくか?」
 


俺はちょっとドキドキしながらも彼女に会ってみることにした。
やけに怖い怖いと聞いてるのに、不思議と怖いとは思わなかった。

5号室のドアを開けて荒井さんは、
「おう、黒沼、居るか―?」と言った。

高くて細い声で「は――いぃ。」と返事が有って、
誰も居ないと思えた部屋の真ん中に
すうっと着物姿の髪の長い女の子が現れた。

「おー、黒沼。新しい入居希望者だ。風早っていうんだ。」
と、すごく簡潔に紹介された。

「初めまして、風早です。君のおかげで安く部屋が借りれるよ!ありがとう!」

そう言えば彼女はすごく驚いた顔をして、俺の顔をしばらくじっと見たあと、
少し涙を滲ませながら、それでもにっこり笑って、綺麗に笑って、
「そんなこと言ってもらったの初めて・・・こちらこそありがとう。」と言った。

その笑顔は柔らかく綺麗で可愛く幸せそうな、
見ている俺まで幸せになるような極上の笑顔で・・・
見た目が暗くて存在が怖い女の子というのは一体誰のことなんだ?

拍手[6回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
カウンター
ガンガンONLINE
プロフィール
HN:
かのまま
HP:
性別:
女性
にほんブログ村
ブクログ本棚
AdMax
ブログラム
ぽちっとよろしくおねがいします。
ブログランキングならblogram
忍者アクセスランキング
Copyright ©  TEXT 君に届け All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]