忍者ブログ   
admin
  二次創作の文を置いてます。 大したこと無いモノしかありません。 読後の苦情はご勘弁を。
                       
   
どうお祝いしたら嬉しいっすかねえ?


   

   


5 爽子視点

そろそろ昼休みも終わるねと中庭から引き上げてきて
あやねちゃんと別れてちづちゃんと教室に入ったら
「クッキー、クッキー!!!」とあさ子ちゃんが
私を引っ張って教室の隅に連れて行った。

「し、知ってましたか!?」

「え?えと・・・なんのことかな?」

「明後日のことです!!」

「明後日・・・何かあるの?」

「知らないんですねー!」

あさ子ちゃんの目がキラキラ光って凄く嬉しそうなんだけど、
・・・明後日一体何があるのかな?

「実は先ほど生徒手帳が落ちてまして、拾ってみたら風早君のだったんです。」

「え!?」

風早君の生徒手帳・・・見てみたかったなー・・・私が拾いたかったな・・・
なんて、ああ、またわたし、こんなことでジェラっとしそうになっちゃった!!
もうほんとに私ったら風早君の事になると独占欲が独占欲で・・・
私の中のケモノが~・・・

「あ、あの・・・クッキー?大丈夫ですか?」

「あ、あああ、大丈夫です、大丈夫です。
 こんな私に心配ご無用っていうか・・・。」

「で、明後日なんですけどね!」

「あ!はいっ!!」

「風早君の誕生日なんですよ!」

え?たんじょうび・・・かぜはやくんの・・・
あるよね、たんじょうび、わたしにもあるくらいだもん・・・
え?あさって?あさって?!

「ホ、ホントに!?」

「知らなかったんですね!良かった、間に合って!
 風早君もクッキーにお祝いしてもらったら絶対喜びますよ!」

「そ、そうかな?」

「当然です!クッキーは風早君の彼女なんですよ!
 彼女にお祝いしてもらって喜ばないわけ無いじゃないですか!
 で、どんなふうにお祝いしますか?
 私もお手伝いしますよ!!なんでも言ってください!」

「あ、ありがとう、あさ子ちゃん!
 で、でも、今聞いたばっかりで、どんなふうにと言われても
 私もどうすればいいのやらなんだけど・・・」

「それは凄くもっともですよね。
 私も彼氏の誕生日の祝い方なんてわからないです。」

「これは・・・あやねちゃんに相談かな?」


拍手[5回]

PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
        
           
  
カウンター
サイトマップ
ブクログ本棚
にほんブログ村
プロフィール
HN:
かのまま
HP:
性別:
女性
AdMax
ブログラム
ぽちっとよろしくおねがいします。
ブログランキングならblogram
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) TEXT 君に届け ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++