忍者ブログ   
admin
  二次創作の文を置いてます。 大したこと無いモノしかありません。 読後の苦情はご勘弁を。
                       
   
ご無沙汰でございます。かのままです。
またまた新しい話を始めてしまいます。
なんか終わらせてから始めたほうがいいんでしょうが
他の話もまだ終わりそうになくてですね。
でも書きたくて、一話分書けちゃったので始めちゃうよ!!

えーと、「恋と嘘」というアニメ、または漫画をご存知でしょうか?
また、君届と他作品のコラボなわけですが
今回はあちらのキャラは出てきません。
設定だけお借りするという感じです。

それでは#1 科学の赤い糸 よろしかったらおひとつ~



   

   


1 科学の赤い糸


高校に入学して初めて迎える誕生日、
それは16歳になる誕生日。

相手が年上だった場合、その日に。
相手が年下だった場合、相手の16歳の誕生日に
それは届くらしい。

ゆかり法により算出された科学の赤い糸の相手を告げる
いわゆる政府通知というものが。


比較的女子は相手が年上の場合が多いので
16歳の誕生日当日に届くことが多いらしい。

政府通知の相手というのはようするに
国が決めた結婚相手なわけなのだけど
正直全然ピンとこない。

自分が結婚するだとか
自分の結婚相手だとか。

もし私にそれが届いたら
ただただ相手の人に申し訳ないと思う。
政府通知の相手が私だと知った
私の相手の人はさぞかしがっかりするだろう。

政府通知を受け取ると
通知の相手以外との恋愛は禁止されるのだから。

もし、同じ学校だったり
同じ中学だった人だったりしたら
きっとこう言うと思う。

「なんで俺の相手が貞子なんだよ!」って。



今までは本当にそれだけだった。
そういう気持ちで16歳の誕生日を迎えるものと思っていた。
まさか自分が恋愛感情で好きな人ができるなんて思いもしなかったから。


好きな人がいるのに政府通知を受け取るとどうなるのだろう?
お断りする事ができるのかな?
でも私なんかにお断りされたりしたら相手の人はさぞかし怒るだろう。
あ、でも相手が私だとわかったらあちらからお断りがあるだろうな。
心配する必要なんてきっとない。

それに・・・好きな人がいると言っても
私とその人がお付き合いするだとか
ましてや結婚するだとか・・・
そんなことあるわけないのだから。
別に卑屈になっているとかじゃないの。
だって私の好きな人というのは
私とは正反対の人気者の風早くんだから。

まだ通知が来たわけでもないけれど
そもそも科学の赤い糸の相手と言うのは
誰にでも存在するのかしら?
私のような陰気者にも?


どうして私がこんなことを考え始めたかと言えば
今日、私の誕生日の予定が決まったから。
あやねちゃんやちづちゃんたちと
初詣に、二年参りに行くことになったの!
・・・風早くんも来てくれることになって・・・。

私に通知が来るとしたらこの日かもしれない。

冬休みに入って三学期まで会えないと思っていた風早くんに
『会いたい』って思って誘ってしまったのだけど
政府通知を受け取った直後に会うことになるかもしれない。

・・・と言っても、それは私の気持ちの問題で
もとから風早くんに私の政府通知なんて関係のない話なんだけど。

きっと通知が来たとしてもお断りされて、
私が風早くんを好きでいてもきっとなんの問題もないだろう。
心のなかで想っているだけなら・・・

迷惑にならないよね?

拍手[6回]

PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
        
           
  
カウンター
サイトマップ
ブクログ本棚
にほんブログ村
プロフィール
HN:
かのまま
HP:
性別:
女性
AdMax
ブログラム
ぽちっとよろしくおねがいします。
ブログランキングならblogram
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) TEXT 君に届け ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++