忍者ブログ   
admin
  二次創作の文を置いてます。 大したこと無いモノしかありません。 読後の苦情はご勘弁を。
                       
   
5巻の名場面、
「風早にお礼したい時は、掴んで5秒目をつぶれ。」の時に、
キスしちゃってたらと言う、もしも話。

   

   
なぜだか神妙な面持ちの黒沼が返事をくれた。
返事には『はい。』と書かれているのに・・・
なんだろうこの違和感。
昼休みの話の流れからは、なんか外れているようなその表情。

俺、なんか間違えたかな?
俺の気持ち届いたと思ったんだけど・・・
黒沼も大好きだって言ってくれて、
所謂相思相愛ってことでよかった・・・よな?
俺、『付き合って下さい。』って、
『俺の彼女になって下さい。』って、
言っていいんだよな?

黒沼の方をそっと覗きこんだら
堅い笑顔に胸の前で軽く拳を握っている。
え?ガッツポーズ?
そんなノリ?!
やっぱりなんか違わないか?
『大丈夫!分かってますから!』
みたいなそのジェスチャー、
きっと斜め上なことを思ってるって気がする。

意外と黒沼は思わぬことを考えてたりするんだよな。
ホント目が離せないっていうか・・・
でも、恋愛感情で大好きだって言ってくれたんだし、
もしまだ、彼氏彼女って付き合い方が
黒沼にとって遠い世界の話だって思ってたとしても
俺は待てると思う。
黒沼の気持ちが追い付いてくるのを。
ちょっとだけ安心できたんだ。

ちょっとだけね・・・

5限が終わるチャイムの音と共に
黒沼が矢野と吉田にどこかに連れて行かれた。
う~ん、これは全部筒抜けかなあ。
まあ、あいつらには遅かれ早かれ
知られるだろうし、隠すつもりもないしいいんだけど・・・
それに、黒沼があいつらを好きなのと同じくらい
あいつらも黒沼を好きだってわかるから
悪いようにはしないってわかってるしな。


拍手[5回]

PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
        
           
  
カウンター
サイトマップ
ブクログ本棚
にほんブログ村
プロフィール
HN:
かのまま
HP:
性別:
女性
AdMax
ブログラム
ぽちっとよろしくおねがいします。
ブログランキングならblogram
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) TEXT 君に届け ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++