忍者ブログ   
admin
  二次創作の文を置いてます。 大したこと無いモノしかありません。 読後の苦情はご勘弁を。
                       
   
5巻の名場面、
「風早にお礼したい時は、掴んで5秒目をつぶれ。」の時に、
キスしちゃってたらと言う、もしも話。

   

   
学校についてコッソリ昇降口に向かいそそくさと靴を履き替える。
「おはよう、爽子。」

思わずビクッと肩が上がる。

「あ、あ、あ、あ、あやねちゃん!!・・・お、おはよう・・・」

「?・・・何ビクついてんの?」

「な、な、なんでもないよ!」
と言いつつ周りにキョトキョトと目線を泳がせる。

「ちょ、ちょっと用事があるので、先に教室行っててね!」
と、駆け出そうとしたら・・・

「爽子!!又なんか変なコト考えてるんじゃない?」
なんか鋭いあやねちゃんの言葉が降ってきた。

「爽子が、『ちょっと用事』なんていう時は、なんかある!!」

「ええ~~~!?」

「昨日、あたし達と別れる前は普通だったよね。
 まさかあの後、あのジェントルメンとなんかあった?!」

あやねちゃん鋭すぎる!
今、きっと私の顔には『図星!』って書いてあるんじゃないかな?

「よし!ここでは何だから、こっち来な、爽子!」
と、私の手を引いてあやねちゃんはずんずん歩く。
そして連れて来られたのは屋上へ続く階段の踊り場。


「で・・・何があったのか、包み隠さず白状しな!」

「あ、あ、あ、・・・あの、私、どうしよう・・・
 キ、キス・・・しちゃったみたい・・・なの!」

「・・・え?・・・ええっ?!・・・あんたたちが?
 ・・・で、なにその『みたい』ってのは!」

「え・・・とね、私、目を閉じてたからよくわからないけど、
 唇に熱くて柔らかい物が触れて、
 驚いて目を開けたら目の前に風早くんの顔があって・・・」

「は?なにそれ・・・早業?一瞬目を閉じた隙にキスされたの?」

「一瞬、て言うか・・・5秒なんだけど・・・」

「風早に『5秒目を閉じて』とか、言われたの!?」

「ち、違うよ!風早くんはそんなこと言ってない!!」

「じゃあ、なんで5秒も目を閉じてたのよ?」

「あ、荒井先生が・・・」

「ピンが・・・?!」

「『風早くんにお礼したい時は、掴んで5秒目をつぶれ』って、
 教えてくださったので・・・」

「ーーー敬語使ってる場合かーーー!!」

「え?だけど、先生のことは尊敬していて・・・」

「そんなことはこの際、どーでもいーのよ!!
 で、その後どうしたの?」

「『ごめんなさい。』って言って、1人で逃げ帰ってしまいました。」

「なんで爽子が謝んのよ。
 目を閉じたのは爽子でも、キスしてきたのは風早でしょ?」

「だけど、風早くんは『こんなつもりじゃなかったんだ。』って言ってたし。
 するつもりじゃないことを、私がさせてしまったみたいで、
 それに、その、風早くんもファーストキスだったみたいで、
 その相手が私だなんて申し訳なくって・・・・」

「はあ~、もう・・・。それは爽子、あんたの考えすぎ!
 ホント、悪い癖だよ、それ!
 いくら目を閉じてキスして欲しそうに前に立たれたって、
 したくなけりゃしないっての!!」

「ええ~~!?」

「って、当たり前でしょ!!操る力が有るとかいうんじゃないなら。」

「な、な、無いよ!私にそんな力!」

「んー、だからさ、思わずってのはあったとしてもってこと。」

と、その時、予鈴がなった。


拍手[4回]

PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
        
           
  
カウンター
サイトマップ
ブクログ本棚
にほんブログ村
プロフィール
HN:
かのまま
HP:
性別:
女性
AdMax
ブログラム
ぽちっとよろしくおねがいします。
ブログランキングならblogram
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) TEXT 君に届け ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++