忍者ブログ   
admin
  二次創作の文を置いてます。 大したこと無いモノしかありません。 読後の苦情はご勘弁を。
                       
   
mioさんのお誕生日のお祝いさせてくださいと言ったら
「風早にお誕生日に何かほしい物はあるか聞いたら、
 爽子が欲しいと言われて、恥ずかしがりながらも
 いそいそと紐ぱんなどの準備を始める、
 そんなこなれてきた風と爽が欲しいです!」
というリクエストを頂きまして、書かせていただきました。
mioさんの思ったものに仕上がってるかどうかわかりませんが
一応そんな感じで書いてみました!!
大学三年生くらいかな~。

よろしかったらおひとつ~


   

   


わがままをきかせて


今まで翔太くんの誕生日プレゼントは
私が上げたいものを貰ってもらっていた。

だから今年は初めて翔太くんが欲しいものを
翔太くんに訊いてプレゼントしてみようと思う。

訊いてもすぐに思いつかないかもしれないと思って
まだ誕生日まで間がある5月になったばかりの今日
その旨をメールにしたためて送信した。

悩んじゃうかなと思っていたのに
ビックリするくらいすぐに返事が来た。
なにか常々ほしいと思ってたものが有ったのかな?

メールを開いてみたらそこには

『爽子が欲しい』

とひとこと・・・。



もちろん5月15日の私は
全部翔太くんのものって思ってたけど
改めて言われるとどうしたらいいんだろう?

メールにすぐ返事があったんだから
今電話しても大丈夫だよね?
電話して訊いてみようかな・・・

呼び出し音一回で繋がって
「はい。爽子?」と翔太くんの声がした。

「は、はい!私です!
 あ、あの・・・メール、見ました。」

「うん。」

「これは・・・具体的にはどうすれば?」

「そうだなあ、んー・・・と
 15日は一緒にいて
 俺のわがままきいてくれる・・・とか?」

「え!?翔太くんのわがままが聞けるの!!」

「わがまま言って爽子を困らせるかもしれないのに
 なんでそんなに嬉しそうなの?」

「だって翔太くんにわがままなんて言ってもらったことないし
 どんなこと言ってくれるのか・・・楽しみだなあー。」

「俺、今までも結構わがまま言ってたと思うんだけどなあ。」

「翔太くんがわがままだと思って言ったことでもね
 私もそうしたいって思ったら
 それはわがままじゃないんだよ。」

「爽子にはかなわないなあ・・・。」

「試しに何かわがまま言ってみて。」

「じゃあね・・・
 15日の零時から23時59分まで
 部屋から一歩も出ないで
 ずっと俺の部屋でふたりだけで居たい。」

「わ~、なんかミッションみたい。
 でもそんな楽しそうなこと
 全然わがままじゃないよー。
 14日に食料とか買い込んでいかなくっちゃだね!!」

「いいの?二泊することになっちゃうけど・・・。」

「翔太くんこそ二晩もお邪魔しちゃって大丈夫?」

「そんなの、いつまでだって居て欲しいけど
 学校もあるしそういうわけにもいかないから・・・。」

「ずっと・・・一緒に居れたら良いのに・・・
 あ、私がわがまま言っちゃった・・・。」

「それも俺もそうしたいからわがままじゃないよ。」

「わあ、えっと、ありがとう・・・。」

「ホントにそう・・・だから・・・。」

「・・・あ、あの・・・翔太くんはどっちが好きかな?」

「ん?」

「普通のと・・・紐パンと。」

「え!?・・・え、もしかして・・・パンツの話!?」

「う、うん。そうなの。
 どうせなら翔太くんの好みの方を持って行こうと思って。」

「え、や、あの・・・じゃあ、せっかくだから紐パンで・・・。
 ちゃんと引っ張ったら解けるやつで。」

「わかった!とっておきのを二枚持って行くね!!!」

「あはは、楽しみにしてる!」

「じゃあ、14日、授業が終わったらすぐに行くね!」

「うん、じゃあ・・・おやすみ。」

「おやすみなさい。」


と、電話を切って「ん?」と考える。
これってもしかして
誕生日プレゼントは・・・紐パン!?

拍手[8回]

PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
        
           
  
カウンター
サイトマップ
ブクログ本棚
にほんブログ村
プロフィール
HN:
かのまま
HP:
性別:
女性
AdMax
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) TEXT 君に届け ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++